貸店舗ってどうやって借りるの?

握手

貸店舗の家賃

貸店舗を探す時は、居住物件を探す時と全くことなり、事前準備がとても大事です。例えば、大阪の店舗の月々の家賃は月商の1割ぐらいが相場となっています。初期費用にかかる金額は店舗家賃の8~14ヶ月分と言われています。月商がどのくらい稼げるのかを明確にするためには根拠のある事業計画が大事ですので、しっかりと事業計画を立てましょう。

事業計画

家賃の予算を決める際に、予め売上予測を見立てておくことが必要です。根拠のある売上予測を立てるには、事前調査を元にした事業計画を作成しなければなりません。候補地の事前調査では、客層や周辺の環境、交通状況、時間帯別の人の多さなどをチェックします。こういった情報を元に、「どのくらいの集客が見込めて、どのくらいの単価が良いのか」を予測して、月の売上がいくら見込めるのかを決めて事業計画を練っていきます。

どんなお店が貸店舗を借りるの?

事業計画を立てる上で、ご自身が開業したい店舗がどんな業種なのかも重要ですよね。業種によって、ターゲットにする客層も変化します。そこで、貸店舗を借りるお店で、どんな業種が多いのかランキングをご紹介。

貸店舗をよく借りるお店をランキングでご紹介

no.1

カフェ

近年カフェを開業する方が増えていますが、その理由としてあまりお金がかからないということが挙げられます。飲食店ですが、それほど大きな機材や冷蔵庫も必要ではなく、居ぬき物件を選べば場所にもよりますが100万円で始められるケースもあります。また、目玉を設定しやすいことも理由に挙げられます。

no.2

物販店

アパレルや、雑貨など幅広く展開される物販店。自分らしいお店を作れたり、最近ではSNSでお店をオシャレに宣伝することも可能です。広いターゲット層なら路面店、趣味を突き詰めたお店にしたいなら、隠れ家的にビルの中に入れることで話題を呼ぶことも出来ます。

no.3

美容室

お店で経験を積んで一人立ちして美容室開業する方は沢山いるので、ランキングにも上位にランクインしました。美容室は、なんといっても清潔感とおしゃれ感が大事です。最近ではオシャレな美容室がたくさん出来ていて、お店のコンセプトも様々です。

貸店舗を探す際の疑問にお答えしていきます。

将来カフェを開業したいのですが、それまでにどのくらいのお金が必要なのか、どのくらい貯めていればいいのか、はっきり分かりません。目安になる内訳など教えてほしいです。

貸店舗を契約する前に必要になるお金は、翌月分の家賃1ヶ月分、保証金6ヶ月~12ヶ月分、仲介業者を利用した場合は不動産仲介手数料1ヶ月分です。合計で家賃の8カ月から14ヶ月分だと頭に入れておけば結構です。条件によって保証金がもっと安く抑えられることもありえますが、計画した予算より多めを用意しておくと安心できます。

候補地の事前調査って、具体的にどんなところを見ればいいんですか?

主にチェックすべき調査項目は、店舗物件の家賃相場と客層、人の多さを朝・昼・夜と時間別に見ることや、周辺の環境、近くに駅があるのか、駅までの所要時間、駅の利用者量、同業種のお店の有無や価格帯など、より細かく調査出来れば、事業計画や売上予測を立てやすくなります。

広告募集中